グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  診療について >  内視鏡検査

内視鏡検査



内視鏡検査について

消化器内視鏡検査というものは、スコープを口から挿入することで、食道、胃、十二指腸を、肛門から挿入することで直腸、結腸を観察することができます。当院の内視鏡は先端部径5.8mmの細いタイプであるため、中型犬以上はもちろん、小型犬や猫の場合でも、体への負担を少なく検査をすることが可能です。

胃の入り口

胃の内部

胃内の異物

内視鏡が適応される症例

①おもちゃなどの異物を誤飲してしまった場合
②嘔吐、下痢、食欲不振、体重減少など消化器症状が認められる場合

内視鏡検査のメリット

  • 異物などを誤食してしまった場合に、開腹手術をせずに摘出することができます。手術のように痛みや、入院のストレスなどの負担を減らすことができます。
  • スコープで肉眼的に消化管内に出血、炎症、潰瘍、腫瘤などの異常がないか確認できます。必要に応じて、生検(小さい組織をとること)をすることでき、がんや慢性腸疾患の診断をすることができます。

内視鏡のデメリット

  • 異物の形状やサイズ(球状ですべりやすかったり、とても大きい場合)によっては摘出できない場合があります。その場合は手術を検討していきます。
  • 内視鏡の長さや消化管の構造上、スコープが入り込める部位には限界があり、消化管の全てを確認することはできません。

内視鏡検査の注意点

  • 内視鏡検査は全身麻酔で行う検査になります。全身麻酔を行っても大丈夫かどうか、事前に検査をおこない確認していきます。
  • 検査前には緊急時を除いて12時間の食事制限が必要となります。